日本のゴルフの歴史について

日本のゴルフ界とは、明治の文明開化によって始まったといえます。

歴史的にまだまだ浅いスポーツであるといえます。本格的に流行したのは高度経済成長からバブル期にかかってからになります。

バブルの時にはゴルフをすることがステータスになっていましたし、一見さんを断るようなコースも沢山ありました。

受付の段階でうちのクラブハウスに相応しくないと判断したら帰ってもらう、ということすらあったほどです。

そうしたゴルフ業界ですが、当然ながらバブル崩壊と共に凋落することになります。

売り出せばすぐに完売した会員権は売れ残り、クラブハウスは経営難で倒産というのも相次ぎました。

とにかく、全国的にゴルフコースを作ることが増えていたのでバブル崩壊と共に一気にその数を減らした、ということがあるわけです。

では、今現在はどうなのか、というと実は戻しています。

まず、スター選手がいくつか出たことが要因となっていますし、女性層を取り込んだことも要因の一つです。

加えて、価格の低下が起きているのも再度の隆盛の原因でもあります。

そもそもゴルフクラブなどは一式で一財産であったものであり、そんなに簡単にできるようなスポーツではなかったわけです。

今でもそうした傾向はありますが、安く買おうと思えばいくらかでも安い物を見つけることができます。

中古もそうですし、或いは新品でも廉価で売っていることが多くなっています。

その為、始めるためのハードルが下がっていることは確かであり、それこそが再びのゴルフの隆盛に繋がっているわけです。

ゴルフは歴史的には日本ではまだまだ長い時間は経っていないですが、これからも根付き、広く楽しまれるスポーツとなることでしょう。

ゴルフクラブは使い方によって上達する

ゴルフに興味はありますか。

最近では男性だけではなく、女性もゴルフ場や打ちっ放し場でよく見かけるようになりました。

ゴルフがとても身近なスポーツになってきたということだけではなく、女性でも楽しむことができるカッコいいスポーツというイメージになってきたように感じます。

しかしはやりゴルフは上達してこそ楽しさが生まれてくるスポーツです。

ただゴルフ場に出てコースを回るということだけではなく、上達に意識をしてゴルフを楽しむことが重要です。

ゴルフに欠かせないゴルフクラブは、高価な物から安価な物までさまざまなタイプがありますが、始めてゴルフを行う場合は安価な物で十分です。

大切なことは、適切なゴルフクラブを選ぶことと自分に合ったクラブの選択がしっかりできるかどうかです。初めての場合はどのようなクラブを選択して良いか分からないでしょう。

一緒にコースを回る人にアドバイスをもらいながらクラブの選択をすることになるはずですが、もし自分には向いていないと感じる場合は色々なゴルフクラブで打ってみることが大切です。

ゴルフクラブは全ての人が同じ物を選択するわけではありません。

例えば、グリーンまでの距離に応じてクラブの大きさを変えるときでも力の差に応じてクラブの選択は変える必要があります。

とくに女性の場合は力が小さいため、同じ距離でも大き目のゴルフクラブを選択することになるはずです。あくまでも回りのアドバイスは一つの指標ととらえて最終的には自分で調整する必要があります。

ちなみに私は飛距離重視派なので、高反発ドライバーのランキングで1位のものを選んで使用しています。

こちらのサイトが参考になるでしょう。

そして、しっかり上達をしてから良いゴルフクラブを購入するようにしましょう。

まずはゴルフクラブの構えやスイングなどに力を入れ、上達が見えてくればさらに良いクラブを購入するという順序にするべきでしょう。